測量

地上での測量と比較した場合、ドローン測量は圧倒的に素早く計測が行えます。ドローン測量における現地作業は地上測量と比べて最短6分の1程度まで短縮可能となっています。別途PCでのデータ解析は必要になりますが、それを含めても大幅なスピードアップができます。

写真測量(ドローンで測量家の上空を飛行しながら撮影範囲を重複させた複数の写真を撮影し、つなぎ合わせることで地表の状態を調査する方法)や、レーザー測量(ドローンに搭載した小型のレーザー発振器から地上にレーザーを打ち出して得られたデータを位置情報と結びつけて地表の状況を細かくとらえる方法)を行うことにより、セスナなどの航空機を用いて行う測量と比較した場合、ドローン測量の方が低い価格で実施することができ、セスナに比べてドローンの方が低空(100m程度)を飛行するため、より密度が高い点群データを習得できます。

土砂や地形・崖が崩れている、人が入れないような危険な現場でもドローンであれば素早く安全に測量が行えます。 また撮影後、ご要望に応じて短時間で世界測地系に基づいたオルソ画像、3Dモデル、3D点群などの出力が可能です。

従来よりも短時間、低コストで作業を実現する。ドローンの魅力や可能性は無限大にあります。