太陽光パネル

ドローンに搭載した赤外線サーモカメラで撮影をし、パネルの温度変化を検出することで異常箇所を特定します。一度に広範囲の撮影が可能になりメンテナンス時間を大幅に短縮し、地上からは撮影しにくい、または撮影できない場所でも上空から撮影することにより、発電所を一切止めずにホットスポットを発見することができます。

従来の人での役割をドローンが行うことにより、危険なリスクを伴わず人的ミスの可能性を極力排除し、メンテナンス費用を大幅に削減することができます。

パネル面の破損や汚れ、ホットスポットの影響箇所をきめ細かく特定することが実現します。