橋梁点検

機体に搭載されたSLAM(自己位置推定・自動地図作成)技術と小さな傷をも検知する撮影技術によって非GPS環境下でも建築物の低層部に近づき点検することができ、上方向対応高画質カメラを搭載すれば、橋梁下部目視点検撮影が可能です。

従来は数日かけて足場作成や高所作業車を使用していた近接目視作業をドローンに置き換えることで、安全に点検をし、正確な現状の確認を行います。

また、自動飛行でプログラミングすることにより全く同じ箇所を飛行させ、短時間で広範囲の調査ができますので、定期メンテナンスを行うことでデータを比較して使うこともできます。