農業散布

人がタンクを担いで人力で農薬をまく従来の方法は、時間と労力がかかる作業です。少子高齢化の日本では労働人口も減り、人手も足りない中、ドローンを利用した農業散布が急速に普及しています。

ドローンを使えば、従来の最大60倍の速さで散布が行えます。世界的メーカーのDJI社「AGRAS MG-1」を例とすると、その散布能力はメーカー公称で1ヘクタールあたり15分となっており、約10リットルの農薬や肥料などを搭載し、最高時速約20kmでの散布ができ、人力より遥かに効率的な作業が可能です。