太陽光発電システム構築工事

太陽光発電の仕組み

太陽光発電とは、太陽光を太陽電池を用いて直接的に電力に変換する発電方式です。ソーラー発電とも呼び、再生可能エネルギーである太陽エネルギーの利用方法の1つです。

公共産業用の太陽光発電システムの仕組みには、「系統連系型太陽光発電システム」と「独立電源用太陽光発電システム」があります。

 

系統連系型太陽光発電システム

太陽の光エネルギーを受けて太陽電池モジュールが発電した直流電力を、パワーコンディショナによって交流電力に変換して施設で利用します。

電力会社からの電力と連結しており、発電のない夜間や発電量が少ない曇天時は電力会社の電気を利用する最も一般的なシステムです。

独立電源用太陽光発電システム

独立電源システムは、商用の電力系統と連系することなく、太陽電池が昼間に発電した電気をバッテリーに蓄えて、 必要な時に使用するシステムです。

現在では、電気を提供できない山小屋や灯台などの電源として、利用が広がっています。