光ファイバ設備構築工事

特長

通信キャリア様の光ケーブル構築工事について、当社は20年にわたり蓄積してきた経験と技術でお客様のニーズにお応えします。

当社は、高品質な施工技術で高度情報通信時代に貢献しています。

通信キャリア様の光ブロードバンドサービスは、収容局設備(中継局)からお客様宅までを直接1本の光ケーブルで結ぶ専有型、収容局設備(中継局)から 各お客様宅の間に光ケーブルの分岐ポイントがある共有型に大別されますが、通信設備工事は家庭まで光ファイバを張り巡らすFTTHサービス工事の名称で知られています。

FTTHサービス工事(Fiber to The Home)

光ファイバーによる家庭向けのデータ通信サービスです。元は、一般家庭に光ファイバーを引込し、電話、インターネット、テレビなどのサービスを統合して提供する構想の名称でしたが、今では通信サービスの総称として用いられるようになりました。

屋外から屋内に引き込まれたケーブルをONU(光ファイバーの回線終端装置)を通じてパソコン、テレビ、電話へ繋げます。

高度な施工技術が要求される光ケーブル工事。当社では、これらを担う技術者が多数在籍しており、高品質な設備構築をお約束いたします。